SmallMIDIMix概要

書きかけのページへようこそいらっしゃいました。

再始動した、SmallMIDIMixの概要です


サポート、インフォメーションはこちらから


1 SmallMIDIMixって?
 現状、ソフトMIDIコン、SMFプレイヤーです。

2 インストール手順
 別途OpenJDK11以降が必要です。OpenJDK14まで動作確認しています。

 loopMIDIやBandLab TTS-1なども使えるといい感じ。

 loopMIDI

 BandLab (Cakewalk + TTS-1)


3 機能一覧
起動すると占有したいポートの一覧が表示されます
おそらく入力側には、ハードウェア、出力側にはloopMIDIのポートを指定するでしょう
loopMIDI経由で、DAWやVSTiにつなげて使用できます

タブの説明
「CrossPlayer」 SMFプレイヤーです。
「CrossControl(Master)」 受け取りたいCCを設定します
「CrossControl(Slave)」 送信したいCCを設定します
  Ctrl Slave By MasterのスイッチをONすることで、Masterを利用してSlaveを操作できるようになります
  このスイッチがOFFの場合、MasterとSlaveは別のものとして、2台分の制御が行えます

「Logging」 MIDI信号をモニターします

4 免責事項、推奨される使い方、されない使い方
 ソフトウェアの使用による、仕様またはバグなどによる損失について、いかなる補償も行いません(免責事項)
 推奨されるのは、自宅での使用です
 推奨されないのは、プロユース(ライブ、スタジオ)などです

5 謝辞
 Twitterの本アカおよび、サポートアカウントでつながってくださる方たちや、
 某匿名掲示板から利用してくださった方などありがとうございます

6 サンキューweb一覧
 以下の参考にしているリンクの一覧を承諾なく張っています
  g200kg様の「DTM技術情報 」
  Wikipedia
7 付録、裏技、高度な使い方
 Masterのドラムの設定でNoteONを指定したうえで、
 Slaveの同じ位置のドラムにDumperを指定することで、
 Note番号をDumperに変化させられます。

 その逆もできます。
 また、Toggleスイッチとして利用することもできます
 (C3を一度おすと、DUMPERスイッチが入り、C3をもう一度おすと、DUMPERスイッチが切れるなど)


カテゴリ:日記ラベル:Comment (0)

この記事へのコメント